トロール語
どピンクがみづらいよかんがします。

*まえがき*


EverQuestのトロール
(旧グラフィックモデル)

英語の文法なんて知るか、通じればいい とお考えの方。
別に可愛く思われなくていい、ゲームでは女でなくていい と覚悟をお決めの方。
ブサイクキャラ、ゴツキャラ アホキャラなど望むところ。美しさやヒーロー性など物置に置き忘れてきた異色派の徹底ロールプレイをお望みの方。

トロールになってください。

田舎者、粗野なもの、ちょっと「タリナイ」もの、未開人などちょっとソレ系の雰囲気を出すのに大変役立ちます。使う場所を良く考えれば、どのゲームにも使えます。文法法則に縛られないので、なりふりかまわず話したい方向けでもあります。

以下、このコーナーではそういったキャラの英語スピーチを「トロール英語」と称します。

トロール英語の基本
トロールになろう会話の基本は以下の4つからなります。
  1. 「自分」はMe
  2. Be動詞、do/doesを省けるときは省く
  3. 発音のままつづる
  4. スペルミスを故意に起こす
  5. 長い文章、長い単語は使わない

    これをなんとなく実践していけば、君もトロール僕もトロール。別にオーガでも結構。フィボルグでも結構です。
1. 「自分」はMe
2. Be動詞、do/doesを省ける時は省く

説明するより例を見たほうが早いと思います。↓こんな感じで。

Me Zhilla nice troll わたしジラ、いいトロール [正しくは I am Zhilla, a nice troll]
Me no good English 俺、英語よくない [正しくは I am not good at English]
Me go there 俺、そこ行く [正しくは I (will) go there]
Me want helm, me buy it 俺、ヘルメット欲しい、俺、それ買う [正しくは I want a helm, I buy it]
Me will kill dem 俺、いつか、ヤツラぶっ殺す [正しくは I will kill them]
3. (なまった)発音のままつづる

つづり方については、leetspeakと通じる部分もありますのであわせてご覧ください。一層トロール英語に近づけるためには、以下のようなつづりかえをしていくとよいでしょう。

  • th は d でつづり変え 例)tha t→ dat、 them → dem
  • -ing の末尾の g を落とす 例)fighting → fightin
  • 「ズ」「ツ」発音になる s を z につづり変え 例)close → cloze、 grats → gratz
  • 複数形の s で 「ズ」発音になるものを z につづり変え 例) dogs → dogz
  • 長い文章、長い単語は使わない

    さらにものすごい人になると v の発音まで b にしてしまいます。ここまで来るともう英語が母国語であるプレイヤーですらわかりません。でもそんなとき、トロールたちはすましてこう言うのです。
    Me dunno common tongue heh (俺、共通語しらない でへぇ)

    ↓発音に基づいたつづり変えの例です。 発音と関係なくトロールっぽいのも混ざっていますが気にせずに。
yu, u, yuu you
gud, gudd, guud good
dis this
dat that
dey they
dere there
dun don't
togedder together
danks, tanks, thankee thanks/thank you

wat, waht, whut, wut

what
were, wehre where
hav, havv have
3. スペルミスを故意に起こす

これについては当サイト内のleetspeakコーナーと、The Adventures of B0N3D00D and pLaTeDeWdあたりを参考にしてください。日本人がトロールイングリッシュをやると、ナチュラルにスペルミスを起こすので実にいいトロールが誕生したりします。

eheh hehe という笑いを逆にタイプしたもの。アホっぽい。「エヘエ」
fuk =fuck、チクショー fukk などと書くことも。
suk =suck、サイテー
dam =damn、チクショー
tahnks =thanks、アリガト
otay, okie =okay、わかった
4. 長い文章、長い単語は使わない

I am not sure, sorry (わからないんです、すみません) ではなく、 Dunno, sorry (知らん、スマン)。 Can I help you? (手伝いましょうか) のかわりに u need help? (オマエ、手伝いいるか?) とにかく短く、適当にします。より短いスピーチを可能にするためには、 略語集参照。実のところ、徹底したトロール英語を使うにはある程度の知識が必要になってきます。

短く話した例↓

You are a very nice warrior I had ever teamed up with u bestest warrior!!! (すでに最上級のbestにさらに-estをつけてバカ炸裂)
意味:今まで組んだ中で君は最高の戦士だ
No offence, but I think you are not right. dun take wrong but u not right
意味:悪くとらないでほしいけど、君は正しくないと思う
おまけ1. トロールっぽい語例
gnomy, gnomie =gnome ノーム
(イキモノ名はなんでも -ie や -yにしちまってください。[ちっこい奴]と言う意味です。)
snaky, snakie =snake ヘビ
thingie もの(thing すらも -ie、-y系にするアバウトなトロールたち)
hullo dere =hello there (あいさつ)
magik, mazik =magic このように、[カ行」発音の c を k にする場合も多いです)
bro, sis それぞれ brother, sister。 同族に対する呼びかけ。
初期のEverQuestのEvil種族はとても仲間意識が強く、団結していました。初対面の人同士でも、同種族だというその理由だけで兄弟姉妹になったのです。そういうテイスト。
おまけ2. トロールっぽい文の作り方

■平叙文(ふつうの文)の作り方: 主語+述語(動詞)+そのほか
Me get em all (俺がみんなやっつける)
u my friend always friend (オマエともだち、ずーっとともだち)

■疑問文(?の文)の作り方: 平叙文の最後に?をつける
u have potions? (オマエポーション持ってるか?)
sis Ladnar your friend too? (俺タチのナカマのLadnar、オマエもともだち?)

■否定文(〜ない の文)の作り方:平叙文の述語(動詞)の前に no を入れる(またはうしろにnot
Me know not (俺、しらない)
He not good guy (あいつ、いくないやつ)
おまけ3. トロールっぽい会話例
A: Hi shaman sis A: やあ シャーマンの姉妹
B: Yo bro hiya B :やあ、兄弟 元気か
A: Ya me fine thankee u? A: うん、俺、元気、あんたは?
A: Me fine too A: わたしも、元気、おなじ
B: Me gladd hear it B 俺、それ聞いて、うれしい
A: Yu hav sword, yu goin hunt? A: お前、剣持ってる、狩りにいくのか?
B: Yeh me go bash somethin B: うん、俺、なんかぶったたきにいく
A: Me go widd you okie? A: わたしも、お前と一緒にいく、いいか?
B: Shure me need magik B: いいとも、俺、魔法がほしい